1. TOP
  2. フォトブック
  3. 「しまうまブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

「しまうまブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

フォトブック   960 Views

「マイ写真集を作ってみたい」「写真をきれいに残しておきたい」という人にぴったりのサービス【フォトブック】。でも、世間にはメーカーやブックの種類がたくさんあって、どう選べばいいかわからない…。

そこで、リーズナブルな価格で人気の「しまうまプリント」のフォトブックサービス「しまうまブック」をピックアップ。実際にサービスを利用して、1冊作ってみました。最初から完成までをまるっとレポート。完成品の長所・短所を、プロ写真家が分析します。

プロ写真家の作品でフォトブックの仕上がりをチェックします!

今回は、一眼レフで撮った写真を使って、写真集クオリティのフォトブックを作ることを目指しました。

写真集クオリティを目指すために

(1)ハードカバー (2)光沢用紙 (3)A4サイズ (4)予算5000円
の条件で作成しました

フォトブックに使う写真素材はプロ写真家 中村路人さんの作品を使用します。幅広いカメラユーザーが参考にできるよう、北海道の美しい風景と人物の写真を織り交ぜたフォトブックを作ります!

できあがったフォトブックの仕上がりもプロ写真家の視点で厳しくチェックしますよ。

ネットプリントで人気の「しまうまプリント」

「しまうまプリント」とは、「想い出をカタチに」を合言葉に、写真やフォトブック、年賀状をネットで注文できるサービス。リーズナブルな価格で知られ、我が子の成長記録を残したいママたちを中心に、若い層にも人気の存在です。

そんなしまうまプリントが手がけるフォトブックサービスが「しまうまブック」です。

印刷は、一般的なインクジェット印刷の4色(CMYK)に、フォトシアン(PC)、フォトマゼンダ(PM)、グレー(Gray)の3色を加えた7色刷り方式。7色ならではの、豊かでなめらかな階調表現や色彩表現が魅力です。

プロ写真家が見た「しまうまブック」の長所・惜しいところ

長所

・文庫サイズなら198円から注文できてリーズナブル!
・編集ソフトの操作がシンプルで、すっごくカンタン♪
・ちょっと失敗しちゃった写真も、自動補正でキレイに表現
・明るくポップなフィルターをかけたみたい!

惜しいところ

・淡いピンクの補正によって、元版と大きく変わっちゃう
・広い面積(空など)では色ムラが目立つことも…
・こまめに保存しないと消えちゃう
・文字のサイズが大きすぎて、文章を入れると絵本みたい

全体評価

「しまうまプリント」は、どんな写真もハッピーで可愛く見せてくれます。たとえばInstagramのようにかわいい加工を楽しみたい方には特にオススメ。

価格も他社と比べると、とってもリーズナブルです。

「しまうまブック」が届いたので外観チェック

梱包材に厳重に包まれて、500〜1000円の送料がかかるメーカーが多い中、「しまうまブック」はシンプル包装かつメール便で108円。自宅用ならで十分です。

一緒にクーポンが同封されていました。

表紙はマット印刷。太陽の周りのグラデーションはややムラがあり、うっすらとピンクが出てしまっています。作品集として見ると、これはマズイ……。

裏表紙へのデザインは不可。裏側にも入れたい写真があったから、ちょっと残念です。背表紙に文字を入れることは可能でした。

「しまうまブック」は強めの補正、ポップでカワイイ写真に変身!

元版の色とはっきりと異なり、強い補正がかかっています。

Instagramのフィルターをかけたようなニュアンスで、肌の色が淡いピンクを帯びて、女性好みのポップでかわいい印象に。

暗い雨や月夜の画面も、明るくはっきりと表現されていました。

中面の紙はプレミアムサテン。サラサラとしたマット仕上げで、独特の質感です。

写真は、ツヤの度合いによって受ける印象が変わります。光沢紙はゴージャスなイメージで、人物ポートレートや太陽光のあるキラキラとした写真に最適。マット紙はしっとりと落ち着いた印象になり、静かなニュアンスの風景にぴったりです。

一方、文章を入れたページは、1文字あたり約5mm角と非常に大きい文字列になり、まるで絵本のような仕上がりに…。大人っぽく仕上げるなら、文字は入れない方が良さそうです。

糊で固めて綴じる「無線綴じ」製本。丈夫で長持ち。とくにページ数が多い冊子にぴったりの綴じ方なので、厚めの冊子を作るときはぜひ覚えておきましょう!

もう一度まとめましょう。

プロ写真家が見た「しまうまブック」の長所・惜しいところ

長所

・文庫サイズなら198円から注文できてリーズナブル!
・編集ソフトの操作がシンプルで、すっごくカンタン♪
・ちょっと失敗しちゃった写真も、自動補正でキレイに表現
・明るくポップなフィルターをかけたみたい!

惜しいところ

・淡いピンクの補正によって、元版と大きく変わっちゃう
・広い面積(空など)では色ムラが目立つことも…
・こまめに保存しないと消えちゃう
・文字のサイズが大きすぎて、文章を入れると絵本みたい

全体評価

「しまうまブック」は、どんな写真もハッピーで可愛く見せてくれます。たとえばInstagramのようにかわいい加工を楽しみたい方には特にオススメ。

価格も他社と比べると、とってもリーズナブルです。

▼「しまうまブック」公式サイト
https://www.n-pri.jp/

\ SNSでシェアしよう! /

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • 「PhotoJewel S」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「富士フイルム フォトブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「MYBOOK マイブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「フジフォトアルバム」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • おすすめフォトブック|プロ写真家が厳選したハイクオリティ5社