1. TOP
  2. フォトブック
  3. 「フジフォトアルバム」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

「フジフォトアルバム」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

フォトブック   70 Views

「マイ写真集を作ってみたい」「写真をきれいに残しておきたい」という人にぴったりのサービス【フォトブック】。でも、世間にはメーカーやブックの種類がたくさんあって、どう選べばいいかわからない…。

そこで、今回は人気の「Fuji photo Album(フジフォトアルバム)」をピックアップ。実際にサービスを利用して、1冊作ってみました。最初から完成までをまるっとレポート。完成品の長所・短所を、プロ写真家が分析します。

プロ写真家の作品でフォトブックの仕上がりをチェックします!

今回は、一眼レフで撮った写真を使って、写真集クオリティのフォトブックを作ることを目指しました。

写真集クオリティを目指すために

(1)ハードカバー (2)光沢用紙 (3)A4サイズ (4)予算5000円
の条件で作成しました

フォトブックに使う写真素材はプロ写真家 中村路人さんの作品を使用します。幅広いカメラユーザーが参考にできるよう、北海道の美しい風景と人物の写真を織り交ぜたフォトブックを作ります!

できあがったフォトブックの仕上がりもプロ写真家の視点で厳しくチェックしますよ。

ウェディングアルバムで定評のある「フジフォトアルバム」

「フジフォトアルバム」とは、ウェディングアルバムなどで定評のある写真集メーカー・フジフォトの編集システムを使って、オリジナルのフォトアルバムを制作できるサービスです。

おなじ”フジ”と名前がついていますが、カメラメーカーのFUJIFILM社ではありません。

FUJIFILM社の写真印刷機「フロンティア」を使った銀塩方式でプリント。銀塩写真を貼り合わせて作るため、高品質で高級感ある仕上がりが人気です。

プロ写真家が見た「フジフォトアルバム」の長所・惜しいところ

長所

・さすがは銀塩方式のクオリティ!色の再現性やグラデーションのクオリティがすごい
・デザインの自由度が高くて、まさに自分だけの一冊に♪
・専用ソフトのインストールが不要で、WEB上ですぐ始められる

惜しいところ

・レイアウト編集はこまめに保存しないと消えちゃう
・文字のサイズが大きすぎて、文章を入れると絵本みたい…

全体評価

まさに「高品質で高級感ある仕上がり」とのふれこみ通り!発色の再現度、階調表現の繊細さ、画質のなめらかさ、デザインの自由度など、どれもバランスがよくて優秀でした。

色の再現性はもちろん、直感的に使えるソフトも魅力。プロ・初心者ともにオススメです。

「フジフォトアルバム」が届いたので外観チェック

ヤマト運輸で到着。梱包材に丁寧に包まれて届きました。

硬い厚みのある「ハードカバータイプ」。表紙にツヤはなく、マットでスベスベとした仕上がりです。

厚紙は1.5~2mmの厚さが一般的ですが、「フジフォト」は3mm近くあります。プレゼントにも喜ばれそうなゴージャスな仕上がりで、テンションが上がります!

表面・裏面・背表紙のすべてが自由に編集可能。見開きで画像を入れることもできるのがうれしいところですね。

「フジフォトアルバム」はさすが銀塩プリント 画質はピカイチ!

印刷は銀塩方式で、印画紙上の乳剤の化学反応によって、色鮮やかに発色します。インクジェットなどに比べると、グラデーションや発色もいいのが銀塩プリント。

写真の階調表現が繊細です。色の再現、グラデーションの表現は、他社のブックと比べてもピカイチでした。

中面のツヤは大人しめ。半光沢のようなニュアンスですね。目にやさしい光り方で、風景写真をしっとりと表現できました。。

一方、文字のフォントサイズは、最小サイズでも1文字あたり5mm角と非常に大きく、絵本のようになってしまってちょっと残念…。写真のテーマを伝える“見出し”として使うなら良いのかもしれません。

綴じ方は「上製本方式」。センター部分がフラットに開けるフルフラットタイプです。12Pでこの分厚さになるのは、銀塩写真を貼り合わせて作るためです。丈夫で長持ちするのがうれしいですね。

この「無線綴じ」タイプでも2Pに渡る見開きページはダイナミックに表現できます。フルフラットタイプと違い、のど(中心)が開かないので、ここに重要なものが写らないように注意したいですね。

では、もう一度まとめましょう。

プロ写真家が見た「フジフォトアルバム」の長所・惜しいところ

長所

・さすがは銀塩方式のクオリティ!色の再現性やグラデーションのクオリティがすごい
・デザインの自由度が高くて、まさに自分だけの一冊に♪
・専用ソフトのインストールが不要で、WEB上ですぐ始められる

惜しいところ

・こまめに保存しないと消えちゃう
・文字のサイズが大きすぎて、文章を入れると絵本みたい…

全体評価

まさに「高品質で高級感ある仕上がり」とのふれこみ通り!発色の再現度、階調表現の繊細さ、画質のなめらかさ、デザインの自由度など、どれもバランスがよくて優秀でした。

色の再現性はもちろん、直感的に使えるソフトも魅力。プロ・初心者ともにオススメです。

▼「フジフォト」公式サイト
https://fujiphoto.co.jp

\ SNSでシェアしよう! /

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • 「しまうまブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「富士フイルム フォトブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「PhotoJewel S」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「MYBOOK マイブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー