1. TOP
  2. フォトブック
  3. 「MYBOOK マイブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

「MYBOOK マイブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

フォトブック   69 Views

「マイ写真集を作ってみたい」「写真をきれいに残しておきたい」という人にぴったりのサービス【フォトブック】。でも、世間にはメーカーやブックの種類がたくさんあって、どう選べばいいかわからない…。

そこで、今回は人気の「MYBOOK(マイブック)」をピックアップ。実際にサービスを利用して、1冊作ってみました。最初から完成までをまるっとレポート。完成品の長所・短所を、プロ写真家が分析します。

プロ写真家の作品でフォトブックの仕上がりをチェックします!

今回は、一眼レフで撮った写真を使って、写真集クオリティのフォトブックを作ることを目指しました。

写真集クオリティを目指すために

(1)ハードカバー (2)光沢用紙 (3)A4サイズ (4)予算5000円
の条件で作成しました

フォトブックに使う写真素材はプロ写真家 中村路人さんの作品を使用します。幅広いカメラユーザーが参考にできるよう、北海道の美しい風景と人物の写真を織り交ぜたフォトブックを作ります!

できあがったフォトブックの仕上がりもプロ写真家の視点で厳しくチェックしますよ。

プロ御用達のアスカネットが手がける「MYBOOK マイブック」

「MYBOOK(以下、マイブック)」とは、デジカメ写真をマイブック製作専用ソフトを使用して、誰でも1冊から写真集・フォトブックを作ることができるサービスのこと。

運営元はアスカネット。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアをはじめ、世界各国のプロフォトグラファーが利用している写真集メーカーです。

作り方は、撮影した画像を無料ソフト「MyBookEditor」でレイアウトし、インターネットで送信して作成するというもの。

印刷方式は、商品によって異なる2種類。

今回利用したのは、液体インクを使った最新式のオンデマンド印刷方式(網点印刷)。ほか、7色染料インクを使用するものなどがあります。

プロ写真家が見た「MYBOOK マイブック」の長所・惜しいところ

長所

・色の再現性やグラデーションのクオリティがすごい!
・自動補正がないから、狙い通りのニュアンスを再現♪
・イラストなどデザイン機能がとっても充実
・初回限定キャンペーンが使える!(※2019年8月時点)

惜しいところ

・自動補正がない分、撮り手の腕が試される…
・編集ソフトが複雑で、慣れるまでちょっと大変

全体評価

さすがは写真集メーカー!発色が原板に忠実で、違和感のなさに驚きました。

画質の美しさはもちろん、プリントの質感も花マル。画質のよさと、色調補正が入らない点は、ハイアマチュアやプロにもオススメです。

初心者はソフトを使いこなすまで少し時間がかかるかもしれませんが、機能の充実度はトップクラスで想い通りの写真集を作れます。

「MYBOOKマイブック」が届いたので外観チェック

ヤマト運輸で届きました。

梱包材に丁寧に包まれ、クーポンも一緒に同封されていました。

写真集の本体はクリアケースに入っていました。これならプレゼントとしても喜ばれそうです。

高級感があり、丈夫で、保存性に優れた「ハードカバー」。

「MYBOOK(マイブック)」の表紙は光沢ラミネート加工が施され、永年保存にも適しているそうです。

「MYBOOK マイブック」は、プロが惚れる画質と色の再現性だった!

「MYBOOK(マイブック)」の印刷は、液体インクを使ったオンデマンド印刷方式(網点印刷)です。オンデマンド印刷といっても、特殊なインキを使っていることから変色・退色に強く、長期の保存に耐えられるのが特徴だそう。

公式サイトには、仕上がりはオフセット印刷に近く、粉体トナー方式に比べれば発色性にも優れているとあります。そのふれこみ通り、画質はプロの目にも十分耐えうる美しさでした。

紙は、さわれば指紋がつきそうなほどのツヤ感で、とってもゴージャスな印象。人物ポートレートや太陽光のあるキラキラとした写真が一段と映える仕上がりになりました!

最小サイズである6pt文字を入れたページはこんな感じになりました。ちょっとした文章を書いても、サイズによる違和感はありません。

綴じ方は、背を糊で接着し製本する「無線綴じ」。

市販の写真集のような仕上がりになるのがいいところ!ページ数の多いフォトブックや長期の保存にも向いていますよ。

フルフラットタイプと違い、のど(中心)が開かないので、ここに重要なものが写らないように注意したいですね。

もう一度まとめましょう。

プロ写真家が見た「MYBOOK マイブック」の長所・惜しいところ

長所

・色の再現性やグラデーションのクオリティがすごい!
・自動補正がないから、狙い通りのニュアンスを再現♪
・イラストなどデザイン機能がとっても充実
・初回限定キャンペーンが使える!(※2019年8月時点)

惜しいところ

・自動補正がない分、撮り手の腕が試される…
・編集ソフトが複雑で、慣れるまでちょっと大変

全体評価

さすがは写真集メーカー!発色が原板に忠実で、違和感のなさに驚きました。

画質の美しさはもちろん、プリントの質感も花マル。画質のよさと、色調補正が入らない点は、ハイアマチュアやプロにもオススメです。

初心者はソフトを使いこなすまで少し時間がかかるかもしれませんが、機能の充実度はトップクラスで想い通りの写真集を作れます。

▼「マイブック」公式サイト
https://www.mybook.co.jp/

\ SNSでシェアしよう! /

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • 「しまうまブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「PhotoJewel S」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「フジフォトアルバム」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「富士フイルム フォトブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー