1. TOP
  2. フォトブック
  3. 「富士フイルム フォトブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

「富士フイルム フォトブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

フォトブック   70 Views

「マイ写真集を作ってみたい」「写真をきれいに残しておきたい」という人にぴったりのサービス【フォトブック】。でも、世間にはメーカーやブックの種類がたくさんあって、どう選べばいいかわからない…。

そこで、今回は人気の「富士フイルム フォトブック」をピックアップ。実際にサービスを利用して、1冊作ってみました。最初から完成までをまるっとレポート。完成品の長所・短所を、プロ写真家が分析します。

プロ写真家の作品でフォトブックの仕上がりをチェックします!

今回は、一眼レフで撮った写真を使って、写真集クオリティのフォトブックを作ることを目指しました。

写真集クオリティを目指すために

(1)ハードカバー (2)光沢用紙 (3)A4サイズ (4)予算5000円
の条件で作成しました

フォトブックに使う写真素材はプロ写真家 中村路人さんの作品を使用します。幅広いカメラユーザーが参考にできるよう、北海道の美しい風景と人物の写真を織り交ぜたフォトブックを作ります!

できあがったフォトブックの仕上がりもプロ写真家の視点で厳しくチェックしますよ。

写真プリントでおなじみ「富士フイルム」のフォトブックとは?

「富士フイルム フォトブック」は、日本が誇るカメラメーカー・富士フィルムのフォトブック作成サービスです。

印刷は、無限に近い発色ができるというレーザー露光方式(sRGB)。インクを使わないため、劣化が少なく、キレイな色のまま長持ちするのが特徴です。

プロ写真家が見た「富士フイルム」の長所・惜しいところ

長所

・さすが富士フィルム、画質やグラデーションはとってもきれい
・全体的にしっとりと落ち着いた発色♪
・自動レイアウト機能がとっても優秀、便利!

惜しいところ

・編集ソフトはWindowsユーザーしか使えない…
・WEB上で編集すると、写真を30MB以下にリサイズしなきゃいけない
・WEB上で編集すると、こまめに保存しないと消えちゃう
・肌の自動補正がキツく、顔が明るくとんじゃうことも…

全体評価

富士フィルムらしいクオリティの高さ、便利な「自動レイアウト」機能がうれしい!
自動補正の機能もあり、肌がぐっと明るくなり、パッキリと表現されました。
原板に忠実とはいえませんが、写真を撮り始めたばかりなら頼もしいフォローです。

「富士フイルム フォトブック」が届いたので外観チェック

ヤマト運輸で到着。梱包材はありませんでしたが、ダンボールでしっかり保護されているので、これで十分という気もします。

クリアケースに入っていました。保存に優れた仕様がうれしいですね。

丈夫で長持ちする点が「ハードカバー」の魅力です。ソフトカバーよりも高額ですが、丈夫で保存性にも優れています。自分の作品集としてフォトブックを作るなら、ハードカバーで作ると本格的です。

表紙には光沢がなく、さらさらとした手触りのマットラミネートによる上品な仕上がりです。

お見事!「富士フイルム フォトブック」は無限発色で光の筋まで再現

「無限に近い発色ができるレーザー露光方式(sRGB)」とのふれこみに違わず、美しい色表現です。

拡大すると、点の集合体のように見えるのが特徴で、インクを使わないため、劣化が少なく、キレイな色のまま長持ちします。

繊細な光のスジもつぶれることなく、きれいに表現されています。

人物の肌は明るく補正されていますが、全体的に落ち着いた発色です。

デジタル写真プリントと同じ印画紙で、ツヤは控えめ。しっとりと落ち着いた印象。静かなニュアンスの風景にぴったりで、目にやさしい仕上がりです。

綴じ方は「上製本方式」。センター部分がフラットに開けるフルフラットタイプ。従来の写真のアルバムに近く、本文が180°フラットに開きます。みんなでワイワイと眺めるのにもぴったりです。

もう一度まとめましょう。

プロ写真家が見た「富士フイルム」の長所・惜しいところ

長所

・さすが富士フィルム、画質やグラデーションはとってもきれい
・全体的にしっとりと落ち着いた発色♪
・自動レイアウト機能がとっても優秀、便利!

惜しいところ

・編集ソフトはWindowsユーザーしか使えない…
・WEB上で編集すると、写真を30MB以下にリサイズしなきゃいけない
・WEB上で編集すると、こまめに保存しないと消えちゃう
・肌の自動補正がキツく、顔が明るくとんじゃうことも…

全体評価

富士フィルムらしいクオリティの高さ、便利な「自動レイアウト」機能がうれしい!
自動補正の機能もあり、肌がぐっと明るくなり、パッキリと表現されました。
原板に忠実とはいえませんが、写真を撮り始めたばかりなら頼もしいフォローです。

▼「富士フィルム フォトブック」公式サイト
http://f-photobook.jp/

\ SNSでシェアしよう! /

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フォトアドバイス 一眼レフの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれています

  • 「MYBOOK マイブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「PhotoJewel S」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「フジフォトアルバム」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー

  • 「しまうまブック」の長所と短所|プロ写真家のフォトブック徹底レビュー