1. TOP
  2. 非日常の世界を表現する!マクロレンズ撮影の基本テクニック

非日常の世界を表現する!マクロレンズ撮影の基本テクニック

マクロレンズを買って見たけど、「どうやって使えばいいかわからない・・・」「ズームレンズと写りが変わらない・・・」という方に、マクロレンズを使いこなして驚くような写真を撮れるプロカメラマンの撮影テクニックを紹介します。

ピント合わせを極めて芯の通った写真にする

マクロレンズを装着したら、まずは身近な物にカメラを向けてみましょう。画面がピンボケでボケている場合は、シャッターを半押ししてオートフォーカスでピントを合わせましょう。びっくりするほど面白い景色が広がりますよ。

被写体にどんどん近づいていくと、オートフォーカスが迷う、つまりスッとピントが合わないことがあります。マクロレンズは近くの被写体にピントを合わせられるように特化しているので、標準ズームレンズなどに比べてオートフォーカスが遅いと感じることがあります。

撮影距離範囲をスイッチで切り替える

マクロレンズによっては撮影距離範囲を切り替えられるスイッチがあります。近くの被写体を撮る場合は、このスイッチを切り替えるとオートフォーカスのスピードがよくなります。

macro_kihon_1_2

マニュアルフォーカスでピントをギリギリまで追い込む

マクロレンズを使いこなすコツの1つは、マニュアルフォーカスを使うことです。マクロ撮影ではピントの合う範囲がカミソリのように薄いので、わずかなピントのズレで写真の印象が変わります。狙ったところに確実にピントを合わせるため、オートフォーカス(AF)からマニュアルフォーカス(MF)に切り替えて、手でピントリングを回してピントを合わせるとよいでしょう。

マニュアルフォーカス

三脚や一脚で手ブレを抑える

マクロレンズを使いこなす最大のポイントはピントです。カッチリとピントが合った写真を撮るには三脚や一脚で手ブレを防ぐのが効果的です。植物園によっては三脚が禁止されていることがあるので、一脚もあると便利です。

macro_kihon_3

いいなと感じたところにピンポイントで狙いを定める

マクロレンズのピント合わせは、スナイパーのように狙ったところにピンポイントで追い込んでいきます。例えば次の写真では花の先端にピンポイントで追い込んだことで、写真全体が印象的にまとまっています。まずは花のシベを狙ってマニュアルフォーカスでピントを合わせる練習をしてみてください。風で花が揺れるので、何度もピントを合わせてシャッターを押すようにしましょう。

雲の上の君_sweet_mark

絞り開放でとろけるようなボケを作り出す

やさしい光の中で_まごまご_mark

マクロレンズの特徴である、とろけるようなボケを作り出すために、絞り開放でボケの量を最大限に大きくしましょう。モードダイヤルを絞り優先オート(AまたはAv)に設定して、絞り値(f値)を一番明るい(小さい)値に設定しましょう。マクロレンズの開放F値はたいていF2.8になっているはずです。

macro_kihon_2

身の周りのいろんなものを撮ってみたら、外に出かける前に少し練習をしておきましょう。新聞紙をテーブルに置いて、カメラと新聞紙の距離を変えながら撮ってみてください。目的は、カメラと被写体の距離に対して、どのような写真が撮れるか?の感覚を掴むことです。あらかじめ“ものさし”を自分の中に用意しておくと、外で撮るときに素早く狙いを定めてシャッターを押せるようになりますよ。

視点を切り替えれば被写体はいくらでも見つかる

マクロレンズはなにげない風景からビックリする景色を見せてくれるレンズです。マクロレンズで被写体を探すコツは、マクロレンズの視野を自分のものにすることです。「見た目は普通だけど、マクロレンズで覗くとこう見えるんだろうな~」と頭でイメージできることが目標です。

017_mark

  

たとえばこの写真、道ばたで見つけた色づいた葉っぱです。つい通り過ぎてしまう景色ですが、こうしたポイントになる被写体を見つけたらマクロレンズで近づいてみましょう。

018_mark

  

するとこのように、面白い作品が撮れます。ちょうど葉っぱに斜めの光が当たっているので、露出補正で写真の明るさを調整しています。明るい部分に露出を合わせることで、背景が暗く沈んで被写体が印象的に浮き上がりますね

このマクロレンズの視野を身につけるには、カメラと被写体の距離を少しずつ変えながら、何枚か撮ってみるとよいでしょう。慣れてくるとカメラを向ける前に仕上がりがイメージできるようになりますよ。

こんなのが撮れる!マクロレンズ作例集

フォトアドバイスの受講生がマクロレンズで撮影された作品を紹介します。

ボケを活かして花を撮ってみる

ちっちゃなちから_yossann_mark

群生のように咲いている花の一つにピントを合わせて、他の花をボカすことで、同色の背景に浮かび上がる花を表現することができますね。ポイントは、主役になる花を選ぶことと、画面の中にバランスよく花々を収めることです。

身近な生き物を撮ってみる

ハンモック揺れて_aruru_mark

マクロレンズなら小さな生き物の様子を細部まで表現することができます。昆虫撮影はマクロレンズの定番ですね。人物撮影と同じように、小さな生き物も目にピントを合わせることを忘れないでくださいね。

野菜や果物をテーブルフォトで撮ってみる

そらまめ君のベッド_くうちゃん_mark>

マクロレンズは解像度が高く、三脚を据えてじっくり撮ると繊細な写真を撮ることができます。白い紙を背景にして野菜や果物を撮ると、思わぬ発見を楽しむことができますね。スーパーで買ってきたえんどう豆もこのようにカッコイイ写真になりました!

\ SNSでシェアしよう! /

camera webの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

camera webの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 簡単そうで奥が深い、人物撮影

  • 赤外線フィルターで驚きの写真が撮れる10のポイント

  • マクロレンズの基本とメーカー別おすすめ鉄板レンズ

  • ニコンの保証外カメラ修理体験

  • カメラ初心者必見! 写真の世界が広がるレンズの種類と選び方