1. TOP
  2. 受講生インタビュー
  3. 家族に「3日で飽きる」と言われた写真、楽しみながら3年以上続けられている理由とは?

家族に「3日で飽きる」と言われた写真、楽しみながら3年以上続けられている理由とは?

 2019/04/17 受講生インタビュー   334 Views

最初はね、家族には「3日で飽きる」と言われていたの。
でも、フォトアドバイスで3年続きました。
メッセージで撮り方を尋ねたりするうちに、本当のお友達ができたんです。
今では一緒に撮影にいったりもするんですよ。
※※
松屋マサヱさん(新潟県・60代)
ニックネーム samansaさん

お写真はいつから始められたんでしょう?

本格的な一眼レフは触ったことがなくて、65歳をすぎてからですね。

これまでは仕事と子育てに邁進してきて、

そこが終わったら何もすることがなくなってしまって。

新聞で初心者向けの写真教室を見つけて通ってみたんだけれど、

他の皆さんはずいぶんハイレベルで。

基礎がわからなかった私はなかなか上達しなくて、

悩むうちにフォトアドバイスの無料メルマガを見つけたんです。

メルマガを購読されてみていかがでしたか?

最初はちょっと疑いながら読み始めたのですが、

佐藤代表がとてもカメラに詳しくていらっしゃるから

内容がとても勉強になったんです。

メルマガの中には質問コーナーもあって、

生徒の質問に先生が答えてくれる部分がとてもわかりやすくて。

いまさら聞けないことも多かったから。

読んでいて楽しかったですよ。

2015年に会員登録をしたから、もう3年が経ちますね。

でも、いやだと思ったことがないんです。

相性が良かったのか、引き込まれて。

PHOTODAYSで皆さんにいただくコメントで

傷ついたこともないし、他の方の写真のコメントを

見るのも書くのも楽しくて。

メッセージで撮り方を尋ねたりするうちに、

本当のお友達ができたんです。

今では一緒に撮影にいったりもするんですよ。

PHOTODAYSには星の写真をたくさんアップされていますね。

これも、PHOTODAYSでできたお友達に教えてもらったんです。

星のピントの合わせ方から、

細かく電話で実地指導してくださったの。

夜の11時なのに、丁寧に教えていただいて。

その後、写真実践講座の「星空撮影」を受けたんです。

もう、カメラってちゃんと使えばすごいんですよ!

暗闇なのにちゃんと光を拾ってくれるの。

今は、風景と星を絡めた天の川に夢中です。

写真の撮り方で、変化を感じた瞬間はありましたか?

写真実践講座「桜を撮る」で苦労したのを今もよく覚えています。

村田先生が教えてくださったのは、

幹を主体とした桜をメインに撮る方法で、

ただ美しくホンワカした写真じゃないの。

難しいでしょう? 

でも、あのとき踏ん張ったことで

写真を撮る粘りが身につきました。

PHOTODAYSの方が、

「桜の講座を受けられてから写真変わりましたね」

って言ってくださったのがとってもうれしかった。

きっと、途中で投げ出さなくなったんだと思います。

カメラがある暮らし、楽しまれていますね!

それはもう! 

最初はね、家族には「3日で飽きる」と言われていたの。

でもフォトアドバイスで3年続きました。

もう、次は30年!って思ってるんだけれど、

もう30年後にはどこかに埋められちゃってるかしら(笑)。

年齢的には出かけたくないと思う頃かもしれないのですが、

次はどこにいこう? ってワクワクして。

ストリートビューで景色を探したりして、

どんどん欲が出てきますね。

写真はお天気次第だから、急に

「今日の夜出かけてまいります。朝まで帰りません」

なんてこともあるんだけれど、

家族も応援してくれています。

これから撮ってみたいものは?

今は紅葉に燃えてます!

PHOTODAYSのお友達とも撮影会を計画していて。

「ああ、レンズはどうしようかしら」って、

そんなことを考えている時が幸せ。

カメラのある生活、とても楽しいですよ。

松屋さんの写真の変化

受講前のお写真

受講後のお写真

こちらの記事も読まれています

  • 「夫の写真はすごく変わりました、雲泥の差!」家族の評価が変化したターニングポイントとは?

  • 「これで良かったんだ!」自分の撮影スタイルに自信を持つことができたプロの指導

  • 花・風景・ポートレート… どんなものでも撮れる実力を身につけるまでのストーリー

  • 大好きな写真で関西No.1フォトグラファーとして活躍できた理由とは?