1. TOP
  2. ニコンの保証外カメラ修理体験

ニコンの保証外カメラ修理体験

はじめに

先日、不注意で壊してしまったお客様のカメラの修理記事です。ニコンについて書いていますが、キヤノンでも他のメーカーでもやることは大体同じ。

販売店で直接買って保証内ならお店に持っていって終わりの話ですが、保証外をネットで購入という人も多いでしょうから、今回は保証外での修理についてです。すべてに当てはまらないこともあるかもしれませんが、ご参考までに。

ピックアップサービス

修理の仲介を客から任され、さてどう修理を頼もうかしら? と思っていたのですが、今回選んだのはニコンピックアップサービスというものです。ニコンのページを見てもらえばわかるとおり、宅配屋さんが家に取りにきてくれるというもの。カメラに限らず修理品をメーカーに直接送る場合に一番の問題は梱包、その手間が省けるというわけです。

ピックアップだから特別高いというわけでもなく、電話申し込みだと525円プラスされるのでネットで申し込んでみました。

ページから見積もりをしてそのまま申し込むという流れで、ニコンイメージングのIDを持っていましたが、新規で申し込んでみました。まぁ別になんの問題もなく、わざわざイメージング会員になることもないと思います。製品情報入力→お客様情報入力→確認→完了となります。

製品番号はカメラの裏というか底にある番号ですね。そして最後に出るページを印刷となります。プリンタの用意はお忘れなく。

一番気になるのは修理費用だと思います。私はシャッターの故障で、ザラっとすべての見積もり料金みたのですが、D40の場合はCCD清掃以外は11,500円。機種によりどこが故障しても一律料金というシステムがとられているようです。ちなみにD40の場合、一番高いのがオーバーホールで約2万円。

修理箇所によっては高くつくしやすくもなる。ニコンのエントリー機種なら1万5,000円以下と思っていいと思います。

1941938c691ca7e658a2ad5b1bdb29b1_s

宅配便が引き取るまで

宅配がピックアップに来る日を決められます。最速でも2日後からですが、土日に取りに来てもらえるので仕事している人でも安心です。修理品を入れる箱を自分で選ぶのですが公式ページには一眼レフ本体ならMサイズとなっていたのでMサイズを選択しましたが、D40にはちょっと大きかったです。大きいから料金が高いというわけでもなく公式に書いてある通りです。

宅配の人が持ってくるのは、このニコンカメラ用のダンボールとプチプチと写真の白いクッション剤が4つ。ダンボールに梱包したカメラと印刷したプリントを宅配の人に手渡して終了。

宅配便がカメラを持っていって3日後に修理品確認のメールが届きます。ここで見積もりよりお金がかかるようなら、新たな修理金額がお知らせされているのでしょうが、今回は見積もり金額どおりでした。

5日の速さで修理完了

修理を出して4日後に修理完了メールが届き、その日に発送され、次の日に家に到着しました。
ネット申し込みからちょうど一週間。修理品を送ってから5日という速さ。修理は長くても10日ほどで終わるということです。修理代金は代引きで1万1,500円を宅配便に払い終了。

代引きの場合は、宅配便から配達される事前に電話がかかってきますので、電話番号はちゃんと連絡が取れるものを書いておきましょう。箱の中にはこういう納品書が。ちょっと画像だと読みづらいですが、修理内容はシャッター部品の交換とファームウァアのバージョンアップし、点検したということでした。

修理代金は一律料金というシステムなので、シャッター部品は交換していますが部品代は0円。修理されたカメラをいろいろと見てみると、修理内容にないところもきれいになっていました。雨で汚れていたミラーも清掃されたのか交換されたかで、ものすごくキレイになっていました。

7add2835b189eb063870f3642da06392_s

いたるところがキレイに清掃

他にはファインダーの中とCCDの清掃。それとCCD周りもキレイになっているようでした。清掃というより部品交換されたような気もしますが。ここもシャッター部分ということなのかな。一律料金だからやれるところはやってしまうということなんでしょうね。ありがたいことです。

3年以上使ってきたカメラで梱包などの手間もなくほとんどオーバーホールされたような状態で帰ってきて11,500円なら悪くないですね。D40なら中古で2万円以下で買えるだろといわれると辛いところですけど。

まとめ

まぁこんな感じでカメラの修理は終了しました。カメラの修理は修理部品の保有期限を過ぎるとメーカーでは受け付けてくれなくなります。 しかしあきらめないでください。修理専門の業者がありメーカーで対応してくれなくなった機種でも修理可能なことがあります。

寒くてカメラを持って出にくい季節は、家で手持ちのカメラを順番に動かして、春にむけて機械を馴染ませておきましょう! 予防はどんな修理にも勝るといいますが本当です。あなたが大切にすればするほど、機械というものはそれに応えてくれますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

camera webの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

camera webの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マクロレンズの基本とメーカー別おすすめ鉄板レンズ

  • 非日常の世界を表現する!マクロレンズ撮影の基本テクニック

  • 風景写真が好きな方におすすめの『キャノン6D』

  • 赤外線フィルターで驚きの写真が撮れる10のポイント

  • カメラ初心者必見! 写真の世界が広がるレンズの種類と選び方