1. TOP
  2. カメラ初心者必見! 写真の世界が広がるレンズの種類と選び方

カメラ初心者必見! 写真の世界が広がるレンズの種類と選び方

はじめに

一眼レフを買うとき、とても大切なことがあります。自分がイメージしている写真を撮るためのレンズ選びです。
最近では、カメラ本体とズームレンズがキットになって販売されていることも多いですが、ちょっとレンズにこだわってみてはいかがでしょうか。

レンズの特性を知って使いこなせれば、イメージしている写真や、それ以上に素敵で面白い写真に出会えるかもしれません。
写真の醍醐味を知れば知るほど、撮影がもっと楽しくなることでしょう。

レンズの種類について

c4cc5999215fecc45af005ff1d038226_s

カメラ初心者の方は、様々な種類のレンズにとまどってしまうかもしれませんが、心配はいりません。
単焦点レンズとズームレンズ、カメラのレンズはおおまかにこの2種類に分類されます。
まずはこれだけを押さえましょう。

単一の焦点距離しか撮影できない単焦点レンズ、ズーミングして任意の構図に合わせることができるズームレンズと、各々のレンズには特徴があります。
機能や特徴以外にも、それぞれのレンズは撮影シーンによって大きな利点の違いがあるのです。

単焦点レンズとは?

何といっても一番の特徴は、焦点距離が一定であることです。単焦点レンズで撮影するときは、被写体に近づいたり、遠ざかってみたり、またしゃがんでみたり、真上から覗いてみたり、自分の体を動かして積極的に写したいものの構図を決めます。

自分の意思を持って構図を決めるということは、カメラ初心者にとって写真の上達の近道でもあります。

単焦点レンズの利点

機能的な面でも、ズームレンズよりも被写界深度(ピントが合っている範囲)の幅が大きいことが挙げられます。
カメラのF値を小さくすると、レンズの絞りが開きます。

そのとき写真の焦点はピントが合った狭い範囲のみで、周辺や背景がぼやけて写ります。立体的で、見せたいものが強調された奥行きのある写真を撮れるのです。
また、光が多くレンズ内に入るので、シャッタースピードが遅くならず、多少暗いところでも被写体ブレを低減することができます。

単焦点レンズはたくさん光を取り込める

単焦点レンズは、35㎜なら35㎜の画角(写真に写る光景の範囲)のみという、単一の画角のみに最適化されたレンズ構成になっています。
ズームレンズの様に複雑なレンズ構成ではないので、光を多く取り込むことができ、ズームレンズと比較して幅広い表現をすることができるのです。

ズームレンズとは?

a0001_001881一本のレンズで、手軽に手元の操作だけで任意の焦点距離を定めることができるのが、ズームレンズの最大の特徴です。画角が狭く被写体をクローズアップして引き寄せる写真や、ワイドに広角で背景画角の広い写真を自由自在に撮ることができます。
また、用途に応じて様々な距離範囲のズームレンズが存在します。

ズームレンズの利点

一本のズームレンズで、自分が思う通りの自由な焦点距離で撮影ができます。単焦点レンズを撮影シーンごとに交換することや、何本のレンズを持ち運ぶ手間を省けることがズームレンズ最大の利点です。
またレンズ交換の必要がないので、シャッターチャンスを捉えやすいのです。カメラ初心者には心強いレンズです。

ズームレンズの機動力と表現力

単焦点レンズのように、高いところや狭いところなど被写体を色んな角度や距離を自分自身が動きながらアプローチして撮影するのが困難な状況や場所は、ズーミングで解決できることもあります。

また、ズームレンズならではの表現の楽しさがあります。例えば、街中でズームをして焦点を引き寄せると、背景の奥にあるビルが被写体のすぐそばにあるように見えます。

ズームレンズは奥行や背景も引き寄せることができるからです。自分の目で見る視界とは異なった遠近感の世界を作り出すことができます。
撮影の利便性、機動力ではズームレンズに圧倒的な利点がありますが、単焦点レンズに敵わないこともあります。
ズームレンズは単焦点と比較して、複雑なレンズ構成のため光の撮り込める量など明るさに限界があります。そのため、ズームレンズのF値が最小であっても、単焦点の最小F値より大きく、暗くなります

。暗さは、カメラ本体のISO(感度)で調節することができますが、感度調整を上げすぎると写真のざらつきが大きくなる欠点があります。
また、歪曲収差がでてしまうのも、ズームレンズの宿命です。歪曲収差とはズームレンズ内にはたくさんの補正レンズを使用するため、実際の被写体よりも画像が歪んでしまうことです。

歪曲収差は写真編集ソフトで修正することができますが、限界はあります。
もっとも、今日のズームレンズはかなり改良が進んでいます。歪曲収差が小さく、単焦点レンズに劣らない被写界深度幅を得られるレンズも発売されています。

単焦点レンズとズームレンズの使い分け

被写体や撮影テーマ、撮影した写真の用途などによって単焦点レンズかズームレンズどちらを使用するか選択することを決めましょう。
ポートレートのようにモデルの目に集中的に焦点に合わせてモデルの美しさを強調したいときはモデルだけにピントを合わせて強調できる、単焦点レンズがいいでしょう。

車や鉄道、飛行機や鳥など、動いているものをターゲットにする場合や、街中など移動しながら撮影をするときは、ズームレンズの出番です。手元でズーミングしてファインダー内で被写体を追いかけることができるので、最適な距離を見つけやすく、シャッターチャンスに素早く対応できます。

おわりに

テーマを持って撮影しよう。自分の中でテーマを持って写真撮影に臨むと、さらに写真ライフが楽しくなりますね。
しっかり、ターゲットを定めて満足する画角を探し当てて、自分が撮ったことがないアングルや距離に出会うために単焦点レンズを楽しむか。

それとも、様々なシチュエーションの被写体が待ち受けている外出先で、オールラウンドに撮影できるズームレンズ一本で気楽に撮影を楽しむか。その選択はあなた次第です。

\ SNSでシェアしよう! /

camera webの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

camera webの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤外線フィルターで驚きの写真が撮れる10のポイント

  • マクロレンズの基本とメーカー別おすすめ鉄板レンズ

  • ニコンの保証外カメラ修理体験

  • 非日常の世界を表現する!マクロレンズ撮影の基本テクニック